その柔らかさは、何にも例えることはできなかった。
 絶妙な弾力、不思議な感触、そして沸き上がる幸福感。
 制服の上からでもそれが十分に実感できる、夢穂さんのオッパイ。
 さてさて、ここで問題になるのはこの後、僕はどうなってしまうのか、である。

「青君のエッチ! スケベー!」
 
 と僕は思いっ切りビンタされてしまうのだろうか。

「や……やめてよ……!」

 と顔を赤らめてそっぽを向かれてしまうのか。

「んもう、青君は変態さんだなぁ。どう? 気持ちいいの?」

 と艶めかしい声音ですり寄ってくるのか。
 僕は、夢穂さんという人をよく知らない。
 夢穂さんというキャラクターを理解していない。
 だから、僕の想像した中の、どの反応をするのか、分からない。

「…………」

 だがしかし。
 そのときに見せた夢穂さんの反応は、僕が想像していたもののどれにも当てはまらなかった。
 
「はぁあ」
 
 と、夢穂さんは溜息を吐いた。
 至極残念そうに眉を下げて、僕の手を払いのけようともせず、その体勢のままで、夢穂さんは肩を落とす。

「どうして私に触れちゃうかなぁ」

 と、夢穂さんは僕の顔に視線を向けた。
 縦に長い瞳孔。
 深く赤い瞳。
 まるで貫くように、夢穂さんは僕を見つめた。
 と、その時、世界が暗転する。
 ぐわり、と地面が、景色が、空気が、空間が歪む。
 しかしそこで、ピタリ、と全てが停止した。
 地面も、景色も、空気も、空間も、そして夢穂さんも、全てがそこで写真のように固まってしまった。

「あーあ、青君、夢穂ちゃんに触っちゃったの?」

 聞こえてきたのは、時雨先輩の声である。
 振り返ると時雨先輩が立っていた。
 しかしなんだろう。
 時雨先輩の楽しげな表情は。

「夢穂さんのオッパイを触りました」
「うわぁお、大胆」
「そんなことより、この現状は一体どういうことでしょう」
「女子のオッパイ揉んだことを『そんなことより』で済ますのもどうかと思うけれどぉ、まぁいいわ」

 言って、時雨先輩はひらひらと左手を見せつけるようにして振った。
 腕輪が無かった。

「夢穂ちゃん言うところの学園一ずるい能力。割り込み規則(フェイクロックカンパニー)」
「この時間が止まった現状は、時雨先輩の能力ってことですか」
「正確には時間を止めてるんじゃなくって、時間を作ってるんだけれどねぇ。私は今、青君とお話する時間を作っているのよん。時間に割り込みをして特別な時間を作っているわけ。相対的に、元々の時間は止まっちゃうから、止まっているように見えるけれどねぇ」

 なんだかよく分からなかったが、とりあえずずるい能力であるのは理解できた。
 
「私の能力はともかく……青君ってば、やっちゃったわねぇ」
「どういうことです?」
「夢穂ちゃんのオッパイを触っちゃったことよ。いや、この場合はべつにオッパイじゃあなくてもそうなんだけど」
 
 チラリ、と時雨先輩は夢穂さんに視線を流した。

「夢穂ちゃんに触る……それはつまりルールに触れるってこと」
 
 そして時雨先輩は微笑む。
 楽しそうに、愉快そうに、痛快そうに、時雨先輩は笑う。

「青君、法律犯しちゃったわねぇ」